明るくなった日本のダイビング選手に都内五輪も楽しみになった

2017年3月1日

五輪の水泳競技です奥さん400mリレーの決勝を生録放送をで見ていたときのことです。競技ではメダルにはやり方が届かなかったのですが、競技後のインタビューを見て心地よく思いました。それは4人のプレーヤーひとりひとりに戦いのメッセージなどを聞いているチャンスのときで、3周囲のプレーヤーがなんだか涙ぐんでいました。なるほどどうしたのかな思って見ていると、休暇を示唆することを言っているではありませんか。それは引退するために今回が最後の戦いになるというようなことで、また私のほとんどが水泳でできているというようなことだ。そのときに4周囲のプレーヤーが何となくにっこりとしてマイクに近づいてきて、ほとんどが筋肉、と言って3番目のプレーヤーを揶揄していました。そのときの女房たちの楽しそうな外見や仕草を見て、日本のプレーヤーも明るくて深くなったなと思いました。今までだと恨めしいというかつらいといいますか、こういう湿っぽいものがディスプレーから伝わってきていたように思います。ですが、今回の奥さん400mリレーに出場したプレーヤーたちはそういった状況の取り分け、明るさを見せてくれました。それはメンタルの強さを感じさせるもので、都内五輪も楽しませてくれるプレーヤーが登場するという念願を持たせました。そのときには競技も沸かせてくれるのではないかとも見なし、この先が楽しみになりました。目の下が黒い原因と対策

コメントはまだありません

コメントは停止中です。